あいち美浜町♥かっぱの苑


かっぱえびめん(美浜焼きそば)

IMG_0797     食と健康の館「海辺のマルシェ」で好評販売中 ソース味です。

次回は、2018.10.14(日曜日)です。お待ちください。

午前10時から15時まで

2018.6.24(日曜日) あじさいまつりで販売します。

美浜町河和台 午前10時から12時まで

 

ご当地色を出すために、町内製麺所製の「美浜天然塩」を使ったオリジナル太麺と、地元産の「知多豚」を合わせたソース焼きそばの上に、これも美浜産の卵を使った目玉焼きを載せました。目玉焼きは、恋の水神社、愛知県最古の白い灯台等、恋愛のパワースポットが町内にあることにちなんで、ハートの形で愛を表現しています。愛という字の中心に「心」があることから、美味しくて、また食べたくなる焼きそばを目指し、心を込めて焼き上げています。『かっぱえびめん』の由来は、海水浴場のシンボル『河童』と名物海老せんべいから『えび』の名をそれぞれとって名付けました。町内のイベント(不定期)や食と健康の館「海辺のマルシェ」で販売しています。是日ご賞味ください。

歴史

平成22年美浜町でご当地グルメが開催されることになりました。地域を元気にしようと住民有志が集まり地元の製麺屋さんとコラボレーションして、美浜 の塩を使った“やきそば”を試行錯誤し、製作しました。平成22年の5月と8月に 試験販売した後、10月に美浜町主催の「美浜のご当地グルメグ ランプリ」に出店しました。 かっぱのごちそう「きゅうり」の色と同じ緑色の麺にし、かっぱ麺と名 付けて販売しましたが、来場者にこの「緑」のものは、何だか理解できず 販売に苦戦しました。中盤から「緑の塩焼きそば」麺の色は、ほうれん草 の色、ヘルシーさをアピールしたことにより、「塩焼きそば」と認知され、 販売数が飛躍的に伸び、準グランプリをいただきました。 地元が元気になるには、地域の人達が作るもの、地産地消をテーマにあ げ、地元製麺所でつくる麺を使い、トッピングにも地元の名物”えびせん べい”をふりかけ、地元でとれたきゅうり漬けを添えた焼きそばを広める ことです。地道なことになると思いますが、隣町のイベントや町のイベン トに参加し、知名度を上げることにより、グルメの価値と地域のことを知 らせていけると考えています。 仲間を増やし、人作りを進めていくことで、連帯感を育てることができ、 元気な地域になると思い活動しています。 他の焼きそばと見た目で分かるように「きしめん」 と同じ幅、太さにしましたが、味が麺に染み込まな いため、麺の厚さを変えて、冷えてもおいしくいた だけるよう工夫しました。 「うまい」といっていただけるよう研究を続け、 改良し、提供していきます。 23年は、地元の米粉を使った 麺の開発しました。

現在は、ソース味です。

美浜町ご当地グルメコンテスト参加

第一弾  塩焼きそば  準グランプリ

 

第二弾  みそ焼きそば  特別賞
 第三弾 カレー焼きそば 第三位 


Comments are closed.



©2018 かっぱの家族 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ